フラバンジェノールは妊娠中に使っても大丈夫なの?

フラバンジェノールは妊娠中に使っても大丈夫なの?

フラバンジェノール 妊娠中

 

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんの安全が最優先です。毎日の食事や飲み物はもちろんですが、スキンケア化粧品にも注意しなければいけません。

 

フラバンジェノールはフランス海岸松から抽出された天然由来のポリフェノールなので、基本的には副作用はないと考えられています。でも妊娠中に使用しても本当に問題ないのでしょうか?

 

念のため、妊娠中の使用について販売元のフォーマルクラインに確認してみました。

 

 

当社の配合成分であるフラバンジェノールについて、

薬品ではありませんので副作用はございません。

 

ポリフェノールの一種でございますので
妊娠中・授乳中のご使用も問題はないと思われます。

 

但し、化粧品ですのでお肌に合うかどうかは個人差がございます。

 

まして妊娠中・授乳中ですと、体質の変化により
今まで気に入って愛用していた化粧品が使えなくなる方もいらっしゃいますので
パッチテスト等で確認してからのご使用をお勧め致します。

 

引用:フォーマルクラインからの回答

 

 

フォーマルクラインからの回答を整理してみると、下記の2点がポイントになります。

 

  • フラバンジェノールは妊娠中・授乳中に使用しても問題ない成分
  • 妊娠中は肌が敏感になる人もいるので、様子を見ながら使用した方がよい

 

大前提としてフラバンジェノール化粧品を使用したからといって、赤ちゃんや胎児に悪影響を及ぼすようなことはなさそうです。ただ妊娠中は肌がデリケートな状態になる人が多いので、パッチテストはした方がいいとも思います。

 

フラバンジェノール化粧品には安価なトライアルセットもあるので、妊娠中の肌に合うかどうか試せしてみることもできます。妊娠中・授乳中の人は、念のためトライアルから使ってみるのがいいでしょう。

 

 

妊娠中にシミが増える理由とは?

 

妊娠中にシミやそばかすが増えてしまう女性は多いといわれていますが、その原因はホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

 

妊娠中は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増加することで、メラノサイトの働きが活発になります。少し紫外線を浴びただけでもシミになりやすくなるのはこれが原因といわれています。

 

シミができても出産後には落ち着く人が多いそうですが、中には出産後もシミが残ってしまう人もいらっしゃるということなので、女性としては注意したいところですね。

 

 

では妊娠中のシミ対策はどのようにしればいいのかというと、下記の3つのポイントに注意してください。

 

 

1.紫外線対策を欠かさない

 

妊娠中はホルモンバランスの乱れから、特に紫外線の影響を受けやすくなります。今以上にシミを増やさないためには紫外線を浴びないことが何より大切です。外出するときなどは、帽子、日傘、日焼け止めクリームなどで、万全な紫外線対策を行ってください。

 

 

2.ビタミンA、ビタミンCを積極的に摂取する

 

ビタミンAには新陳代謝を促進する作用が、ビタミンCにはメラニンの働きを抑える作用があるといわれています。シミを増やさないために、普段の食事から積極的にビタミンA・Cを摂取しましょう。

 

 

3.スキンケアでシミ予防を忘れずに

 

妊娠中はスキンケアをお休みする人もいますが、シミなどの肌トラブルを予防するためにも毎日のスキンケアはちゃんとした方がいいそうです。

 

妊娠中の肌はとてもデリケートなので、低刺激成分の肌に負担をかけにくい化粧品で肌を整えてあげましょう。この記事でも紹介したように、フラバンジェノールは妊娠中でも安心して使えるスキンケアです。

 

 

フラバンジェノール7日間トライアルでスキンケアをはじめる